大阪大学産業科学研究所 古賀准教授の研究が、日本国際賞平成記念研究助成に採択されました。

おめでとうございます!

大阪大学産業科学研究所 古賀大尚准教授と、そのチームの皆様が取り組んでおられる研究が、日本国際賞平成記念研究助成に採択されました。
このたびバルネットは、審査機関に提出するプレゼンテーション動画の制作というかたちで、本研究のお力添えをさせていただいておりました。

THE JAPAN PRIZE FOUDATION 2020年度 研究助成一覧 

本研究は、植物由来の新素材「ナノセルロース」を最新の技術によって炭化し、電子デバイスの基材として利用するという、大変興味深いものです。
現代社会が直面する環境汚染問題を克服し、自然とテクノロジーの共存を実現する素晴らしい研究です。

古賀様と研究チームの皆様のさらなるご活躍をお祈りするとともに、これらの研究成果が実装された社会の実現を心より楽しみにしております。